ビジネス・人生の達人になる〝三種の秘技〟を習得する

【注意!】この講座は既に情報空間コーチ養成講座を卒業した方が
さらに力を引き出し大きく現実を変える力を身につけるための講座です。情報空間コーチ養成講座を未受講の方は、先に情報空間コーチ養成講座をご受講下さい。

このご案内は、次のような方のためのものです。

✔️良い流れに乗り始めたのでこの流れを強化したい

✔️根本からガラッと意識を変え過去最高の自分を目指したい

✔️仕事や人付き合いから義務感が消え充実した日々に変わっていく

このような未来を創るには、
脳のOSをガラッと変革する必要があります。

もちろん、
情報空間コーチングを日々、続けていれば
徐々にあなたの脳を最善に進化させることは可能です。

ただ、現代は超スピード社会です。
「もっと早く一気に自分の脳力を引き上げたい。」
と切望することは自然な流れです。

そこで

脳のOSを一気にバージョンアップ

して、ビジネスやプライベートでさらなる豊かさと繁栄
を手に入れるための秘訣をお伝えします。

その秘訣とは

〝集中することをやめる〟

ことです。

このように言うと必ず
「え?集中するの間違いじゃないですか?」
という声が上がります。

その疑問にお答えしましょう。

脳のメカニズムからすると
集中は創造性を低下させます。

なぜなら、
集中しているとき
脳の一部しか使えていないからです。

では、集中をやめたとき
人の脳はどうなるのでしょうか?

このとき、脳は

デフォルト・モード・ネットワーク (DMN)

という状態に入ります。

DMNのとき、脳の全体が
うまく連携が取れます。

つまり、
これまで積み重ねてきた
知識や経験が統合され
新しい発想が生まれてきます。

また、
集中しているときは
自分事で精一杯であったのが

DMNのときは
視野が広がり、全体的な視野で
ものごとが考えられます。

そして、
DMNで視野を広げ
新たな視点を得たときに
あなたの脳のOSがバージョンアップします。

ここであなたは、
「どうやったらDMNに入れるの?」
と疑問に思いインターネットで検索しようと思ったかもしれません。

インターネットで検索すると、
DMNに入るには「何も考えずにぼーっとしなさい。」とか「瞑想しなさい。」ということが書かれています。

が、

ぼーっとする、瞑想するだけでは
創造性が高まり人生が変わるような良質なDMNに入ることができません。

よく考えてみれば誰でも気がつくことですが
単にぼーっとする、瞑想するだけで人生が良くなるなら
わたしたちの周囲は成功者だらけのはずです。

現実はどうでしょうか?

実は創造性が高まる良質なDMNに入るには

〝場〟全体を五感で感じ取る状態をつくる

ことが欠かせません。
この状態をつくるためのポイントを以下に解説します。

創造性が高まる良質なDMNに入る3つのポイント

  1. 無音を聴く
  2. 余白を観る
  3. 場を感じる

ひとつずつ解説します。

ポイント1.無音を聴く

無音は聴覚を一気に覚醒させます。

例えば、田舎の真冬の深夜に
ひとりでいるシーンを思い浮かべて下さい。

それまで意識しなかった
僅かな音すらはっきり聞こえてきます。

このときあなたの聴覚センサーは最大化し
〝場〟全体の音を感じ取れるようになっています。

ここであなたは
「都会の日中では無理じゃないか。」
と諦めかけたかもしれませんが
安心してください。

たとえ都会の喧噪の中に身を置いていても
訓練次第で同じ状態をつくることは可能です。

ポイント2.余白を観る

頭の回転が速いあなたはもうお気づきだと思います。

ポイント1が聴覚なら、ポイント2は視覚です。

デザインや企画書制作の世界では余白のとり方が重視されます。
なぜなら、余白を上手に使うことで
・視やすくなる
・視線の誘導ができる
・情報を整理し易くなる
からです。

要するに
余白が視覚をコントロールしているわけです。

この余白の機能に
おそらく世界で最初に気がついたのが
〝能〟の創始者である観阿弥です。

その観阿弥による世界最古の芸能書
『風姿花伝』に〝離見の見〟という言葉が出てきます。

〝離見の見〟とは、演者自身の目を離れ
舞台と客席を含めた〝場〟全体を見ることです。
これができると、観客の心の動きや演者と観客が一体であるか
心に距離ができているかなどが見えると言います。

この離見の見のコツが、
舞台にいるワキを見るでもなく
客席の客を見るでもなく 〝場〟の余白を意識することなのです。

ポイント3.場を感じる

場には空気感があります。
空気感はそこにいる人、あるモノ
だけがつくり出しているわけではありません。

あなた自身の身体の状態や
身体意識によっても感じ方が変わります。

そして、見落とされがちなのが
天体の影響です。

天体はその位置によって
太陽系全体の重力場や磁場に影響を与えます。
その影響は思いの外強いのです。

例えば、地球だけをみても
私たちの身体や意識が地球の自転・公転と
うまく同期がとれていないことがあります。

同期がとれていないと
居心地の悪さや場との分離感を生じさせます。
これが脳力を抑制する要因の一つになります。

ということは、
月や太陽、その他の惑星の影響が
少なからずあるというわけです。

もし、あなたが〝場〟を感じたとき
〝気持ちが悪い〟〝身体が歪む〟と感じたら
地球を含めた天体がつくりだす〝場〟
との同期がとれていないという問題があります。
(多くの人はそれすら気づかないことが大半です。)

また、前述の2つのポイント「1.無音を聴く、2.余白を観る」は
〝場〟との同期がとれていないと必ず歪みが生じ
無音を聴いている、余白を観ているつもりが〝できていない〟
という事態を引き起こします。

この場合、
あなたの脳力は十分には発揮されません。

つまり、
脳のOSをバージョンアップさせるには

地球を含む天体がつくり出す〝場〟との同期

をとることが欠かせません。

脳科学の限界

〝場〟との同期がとれて
良質なDMNに入れるようになるには
脳だけにアプローチしても上手く行きません。

なぜなら、
天体がつくりだす〝場〟の影響は全身で受けるからです。

そこで必要になるのが

場と同期をとるための〝身体操法〟、〝呼吸法〟と〝内観イメージング法〟の三種の秘技

です。

なぜ〝三種の秘技〟が大事なのか?

〝場〟との同期が途切れると

  • 流れに乗れない(タイミングを外す)
  • 意識と肉体感覚がズレて空回りが増える
  • 要らないことばかり考えてしまう
  • 人や社会とのつながり感がない
  • ここぞ!というときに踏ん張りがきかない

といったことが起きてしまいます。

では、どうして場と同期がとれなくなってしまうのでしょうか。

その原因は

視点の歪み

です。

現代は情報化社会であり
玉石混交の様々な情報が飛び交っています。

TVや広告、インターネットなど
沢山の情報に触れているうちに無意識に視点が揺れ動きます。

そうして視点が揺れ動いているうちに
(あるいは、他者の刷り込みによって視点を動かされて)
視点が歪んでしまいます。

その視点の歪みはときによって
場との同期を途切れさせ
それが習慣になってしまうことがあります。

これを別の角度でもう少し詳しくお伝えします。

情報空間コーチングを使っているあなたなら
既に実感しているかもしれません。

ポジティブ情報に視点を合わせるだけで
わたしたち人間の脳は非常に高いパフォーマンスを発揮します。

反対に、
ネガティブな情報に触れ続けたり、ネガティブな人に囲まれていると
視点が歪みパフォーマンスがガタ落ちします。
そして、物事の流れが悪くなったり、良い情報が入って来なくなります。

その結果、
人間関係に強いストレスが掛かったり、
仕事でミスが増えたり、
お金の流れが悪くなります。

これが
〝視点が歪んだ〟ことの弊害です。

情報空間コーチングで
突き抜けた成果を出す人とそこそこの人の違いは
単純に優れた視点を維持している時間の長さ

言い換えると
視点の歪みを極力、少なくできているか
という違いだけです。

ここで恐ろしいことに

〝視点の歪み〟は固定化し易い

という性質があります。
なぜなら、
一度歪み始めると慣性の法則が働き
歪みに加速度がつくからです。

もし、
視点の歪みが固定化していると
ポジティヴ情報に視点を合わせても、短時間でもとのパフォーマンスが低い状態に戻ってしまいます。

固定化した視点の歪みを取り除くのは大変です。

固定化=潜在意識に定着

しているからです。

潜在意識とは、
細胞記憶と自律神経の働きですから

固定化した歪みを取り除くには

1.身体操法(細胞記憶の改革)
2.呼吸法(自律神経系の改革)

への取り組みが必要になります。

そこへ歪みの固定化を防止するために

3.肉体と精神の適切な方向付け(内観イメージング法)

が必要になります。

これら3種類のワークに取り組むことで
〝場〟との同期がとれるようになり
人・モノ・お金との関係性がグン!とレベルアップし
自然に流れるように人生・ビジネスが上手く行くようになっていきます。

なお、これら3種類のワークを

空間意識覚醒の〝三種の秘技〟

といいます。
ここでもしかしたらあなたは、
「そんな高度なことは自分には無理」
と不安になったかもしれません。

が、

ご安心下さい。

この三種の秘技は練りに練られているため

シンプルで身につけるのは難しくありません。

まじめに取り組めば
小学生低学年の子供でも可能です。

ところが、大きな問題がひとつあります。

それは、この三種の秘技を指導できる人物が限られているということです。
指導者は、最低でも十年を超える研究と鍛錬の継続をしてきた人で、人体構造に非常に詳しいという要件が欠かせません。
しかも、内容が高度であるため対面での指導が可能な人物という限定までつきます。

この要件に該当する人物を探し続けて
わたし(高松)はようやく3年前に該当の人物と出会いました。

しかし、出会ってすぐに指導者としてお願いできるわけがありませんでした。

地道な信頼関係の積み重ねと
本当に指導者として相応しいかを多面的に確認し
さらに構想を練りに練って2年半の時間が経ちました。

今回、こうして皆様に講座をご案内できるのは
こうした長い準備期間を経ての結果です。

それでは、ここで実際にその人物から指導を受けて
三種の秘技に取り組んだ方々のお喜びの声をご紹介します。

体験者のお喜びの声(一部)

*まわりからとても大事に扱われ、親しみと敬意を払っていただき、とても有り難いなと思っております。

*仕事の関係者から、
「あなたは今まで、こうしなきゃ!と観念が雁字搦めだったようですが、丸くなりましたよね!」と言われました。

*講座での呼吸法で、赤い線が螺旋を描き出入りするのを感じました。体内の氣の流れが滞っている場所などが、分かるようになりました。

*脳や感覚が一層研ぎ澄まされてきました。次に起こる近未来が少しずつ読めるようになってきました。

*半年ぶりに会った先輩や後輩からも輝いている、雰囲気が変わったと言われました。

*社内外の協力者や応援者が増えました。

*ビジネスの場やプライベートでも、いろいろお声かけを頂ける機会が増えました。

*頭の回転がはやくなり、読書スピードが早くなりました。

*事象の先の予測がつくようになりました。

*願っていたことが少しずつ叶うようになった。

*初対面でその人が本物か否か、あるいはその人の感情や考えが何となく把握できるようになってきました。

*身体の感覚がどんどん変化して自由になっていくし、光ったり感謝でウルウルしたり、楽しい忙しさです(笑)

*ホント、自分が毎日新品ピカピカです。
もうね、面白すぎます!この講座!ありがとうございます!

*正中線のワークにより、周りの人々の気持ちを察するセンサーが働くようになりました。

*講座の後、ビジネス上で悩んでいた案件で周囲からの力添えや後ろ盾をいただけるようになりました。

*仕事で自分の意見をはっきり言えるようになりました。

*氣やオーラの体感が、圧力や粘り気として実感できるようになりました。

*状況に応じたスムーズで的確な発言や行動がとれるようになりました。

*1回目の講座の翌日、友人に『オーラすっごい出てる!背が高くなってるし!何したの?』と驚かれました。

*脳が活性化され、思考がクリアになりました。

*仕事上の重要な場面においてより的確な判断ができるようになりました。

*身体と心のデトックスが加速しているのを実感できています。

*自宅で氣むすびの呼吸法をしていると、幸せで幸せで、涙が溢れ出て止まらなくなります。

*普通の講座やセミナーは、日に日に内容の実感が薄れていくのに、この講座からは、日に日に深く実感と気付きを得れて、すごい!!

*記憶力が良くなり、文章を読むスピードが速くなりました。

*内臓の体温が上がりました。

講師紹介

上林 望(かんばやし のぞむ)

1967年生、滋賀県出身、京都市在住
大阪鍼灸専門学校 卒
鍼灸師国家資格取得
茨城合気修練道場(旧・合気神社付属道場)
斎藤守弘師範に入門
岩間流合気道 指導員資格取得

少年期から、”時間は直線的ではない”と体感する経験を重ねる。
20歳より気功を独習し、天地自然の”氣”の実在を体感する。

アメリカ、ニュージーランド、近畿一円で合気道指導。

25歳から鍼灸整骨院に勤務。
鍼灸、気功、手技療法を施術し、三ヶ所の整骨院で副院長として勤務。
トランスパーソナル心理学のセラピーを受けた体験と、ヒプノセラピーを受けた体験で、多次元的な能力が開花。意識世界のヒーリング、チャネリング、リーディングとフィジカルなボディセラピーを交えたセッションで独自のスタイルを構築する。
40歳で京都市にて独立開業。
個人セッションやカウンセリング、各種セミナーや講座を業務とし、現在に至る。
趣味は、磐座参拝。

「天音のむすび講座」の概要

■回数
初伝(全3回シリーズ)、中伝(全5回シリーズ)、奥伝(全5回シリーズ)の合計13回

今回は初伝(全3回シリーズ)のみの募集です。

■場所
東京都内
※錦糸町駅、両国駅、押上駅の近くのスタジオ
※場所の詳細は、お申し込みの方にご連絡します

※初伝、中伝、奥伝ごとのお申し込みになります
※初伝(全3回シリーズ)のみのご受講も可能(中伝、奥伝まで進むことは必須ではありません)

■初伝の日時
※参加できない日程は個別セッションでのフォローも可能です。事前にご相談ください。(講座参加費用と個人セッションとで金額が異なるため差額が発生します)

以下の日程でいずれも18:00開始 21:00終了
※開場は17:30、途中休憩あり

第1回:5月21日
第2回:6月4日
第3回:7月16日

■参加料金
初伝(全3回) 一括165,000円(税込)

※1回ごとのお支払の場合
 ¥58,000(税込)/回
※一括だと合計9,000円お得になります

※ワークショップの前日がご入金期限です。
お振込先は、お申し込みくださって後、お伝えいたします。

■キャンセル規定
やむを得ない理由でのキャンセルのみ
手数料を負担していただき返金させていただきます。
または、「天音のむすび講座」の次のクールや上林望の個人セッションへの振り替えも可能です。
(振り替え手数料は無料)

なお、当日キャンセルは原則、返金いたしません。

■(重要)受講規約
講座に関して知り得た受講生様方の個人情報の扱いは、個人情報保護法に準じます。
講座に無関係な人物や団体への伝達開示、また、講座に無関係な連絡には決して使用いたしません。

【重要!】機密度が高い内容をお伝えする関係上、講座の受講により知り得た知見、ノウハウの公開はインターネットなどのメディアおよび、ご自身の講座や個人間での情報伝達を含めて禁止いたします。

■持参する物と必要事項
・ボイスレコーダーなどの録音機材、筆記用具の持参と、
スマートフォンまたはデジカメなどの写真撮影機材の持参をオススメいたします。
ホワイトボードの板書や、私の姿勢を写真撮影してくださって結構です。
(録音した音声、録画した動画の公開・他者の閲覧は厳禁です)

・五本指ソックス(UNIQLOにございます)

・柔らかく動きやすい服装でいらしてくださるか、お着替えを持参ください。お着替えスペースがございます。
ジャージ、スウェット、作務衣、ヨガ着など。
締め付ける服装や下着は、不向きです。

・必要に応じ、飲料水など

お申し込み・お問い合わせ

【ご注意】

お申し込み・お問い合わせ後、2営業日を経過して返信がない場合は、メールアドレスの入力間違いかご連絡が届いていない可能性があります。
その場合は、お手数ですが再度、以下のフォームからご連絡または、
フェイスブックで「かむぞむ へいあん」宛てにメッセンジャーでのご連絡をお願い致します。

*各回、受け付け人数に限りがございます。
満席になり次第、受け付けを終了させていただきます。
悪しからずご容赦ください。

☆より詳細な内容をご要望の場合も、ご質問ください。

皆様からのご質問、お問い合わせ、ご予約を、
心よりお待ちいたしております。

更新日:

Copyright© 潜在能力を最高レベルで引き出す非言語コーチング , 2019 All Rights Reserved.