情報空間コーチングとは

2018年9月21日

私たちの生き方・働き方の質に大きく影響するのが「情報」です。

例えば、初対面の人とのコミュニケーションにおいては、相手の性格や好き・嫌いの傾向が分からないなど相手に関する情報量が少なく、会話の中でキャッチできる情報の質が低くなりがちなため、どうしても表面的なコミュニケーションになりがちです。
一方で長年のつきあいがある幼なじみや親友のことは性格や好き・嫌いの傾向、考え方・価値観など、初対面の人よりもずっと広く深く相手のことを理解できているので、考え方などに影響を与える深いコミュニケーションをとることができます。

ビジネスであれば、初対面のお客様には単価が低い商品でも売ることに苦労し、長年のお付き合いのあるお客様には高単価の商品でも容易に売ることができます。また、心理学の知識が全く無い管理職よりも心理学に造詣が深い管理職の方が、部下を動かすことに長けているでしょう。

このように目に見える物理現象や物質を直接何とかしようとするよりもそれらの元となる「情報」の質を上げた方が、容易に生き方・働き方の質を向上させられることは誰にでも容易に理解できます。

ところが、いざ「情報」を扱うとなると平面的な知識やテクニックばかりに焦点が当たり、アウトプットの質に強く影響する情報の「奥行き」と「深さ」が忘れられがちです。
情報の「奥行き」と「深さ」があると、同じテクニックを使っても効果が大きく変わります。
例えば、TVのカラオケ対決番組では次のようなことがよくあります。自他共に歌唱技術の高さを認められているプロの歌手が、歌を専門にしていない女優に負けてしまったりします。これは歌に〝情緒〟という奥行きをもたせたことでテクニックだけでは動かせない聴衆の心を動かすからです。

そして、もう一つ大事なことは情報の奥行きと深さを扱うには『意識』の使い方を習得する必要があることです。
情報空間コーチングは、脳科学的なアプローチで自在に『意識』の働きをコントロールし『情報空間』を操作することで、誰でも簡単に自分や他人の生き方・働き方の質を向上させることを可能にします。

また、情報空間コーチングは、他のコーチングと異なり言葉を使わずに他者の心理や行動に良い影響を与えることが可能な点が大きな特徴です。

P.S.
なお、たった2日間(10時間)で誰でも簡単に情報空間コーチングを使えるようになる講座を開講しています。
詳しくはこちらをご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
言葉を使わない科学的なポテンシャル発揮「情報空間コーチ養成講座」

Posted by admin_infosp