コーチ、セラピストの価値

ビジネスの現場でコーチ、セラピストの存在が重要になる理由

投稿日:

高松です。

一部の〝できる〟経営者・起業家にとって
コーチ、セラピストの印象は
「特に自分には必要ない。」という素っ気ないものです。

もっと勘違いしている人たちは
「稼げない人達。」くらいに思っています。

ですが、

これはあくまでも一部の人たちの印象です。

本当に〝できる〟経営者・起業家は
コーチ、セラピストのサポートをとても重要視しています。

ここであなたは
「何が両者を分けているのか?」
と疑問に思ったかもしれません。

その疑問にお答えすると、
===========================

〝成功の指標〟を多角化

===========================
しているかです。

面白いことに、
自分を〝できる〟と勘違いしている人達は
成功の指標が数字一辺倒で1つ、2つしかありません。

つまり、単細胞です。

一方で、
本当に高い成果を出し続けている経営者・起業家は
成功の指標を数字以外にも複数持っています。
視野が広いからです。

単細胞な経営者・起業家に多く見られるのが
「年商」「利益率」だけを見て
成功を判断するケースです。

こういう人達は、経営者の集まりに出ると
自分と周囲の「年商」「利益率」を比べて
態度をガラリと変えます。

「俺はこれだけの年商をやっているから偉い」

とか

「年商が負けている自分は恥ずかしい」

という具合です。

ここで少し考えれば分かることですが、
「年商」や「利益率」だけを見ても
長続きする良いビジネスかは判断できません。

なぜなら、
===========================

売上が創られるプロセス

===========================
が見えないからです。

極端な話、
他人を騙して会社を乗っ取っても
年商や利益率を上げることはできます。

もうお分かりだと思いますが、
〝人の不幸の上に築き上げた成功は長続きしない〟
ことは論じるまでもありません。

売上、利益率だけを指標にしていると
どうしても目先のことしか見えなくなり
長期的には衰退するような決断をすることが増えます。

このように、目先の成果に目を奪われ
他人の不幸が売上や利益になるビジネスを

===========================

〝破壊的なビジネス〟

===========================

と言います。

破壊的なビジネスは、経営者・起業家本人だけでなく
本人の家族や社員、お客様まで不幸にしかねません。

そして、
人が不幸を感じているとき、
その人の脳の中で〝ファイトオアフライト反応〟
が起きています。

===========================

〝ファイトオアフライト反応〟とは

===========================

米国の生理学者でハーバード大学医学部教授の
ウォルター・B・キャノンが発見した反応です。

この反応が起きると
目の前で起きることに対して
戦うか、逃げるかという反応しかできなくなります。

例えば、
目の前の友人が笑顔で友好的に接してきても
「顔は笑っているが怒っているのでは?」
とか
「裏があるのではないか?」
などと悪い方へ勘ぐってしまいます。

このような反応ばかりしていては
人間関係が壊れていくのは火を見るより明らかです。

破壊的なビジネスを続けるほど
経営者や起業家本人とその周囲の人間関係が
貧しくなり不幸が蔓延していきます。

ここで大事なことは、
===========================

成功指標に〝強みの発揮〟を加える

===========================
ことです。

もう少し詳しくお伝えします。

個人でも会社でも、
強みを発揮できているとき

「自分を活かせている。」
「それが人の役にも立っている。」

という喜びと充実を感じます。

いわゆる、
内発的モチベーションの状態です。

すると、
「もっと高い成果を出すにはどうしたら良いだろう?」
と考えることが楽しくなり、
「早く次の朝が来ないかと待ち遠しく」なります。

このとき脳内ではセロトニンが放出されており
創造性が高まっています。

今まで思いつかなかったアイデアが浮かび
苦労しなくても売上がドン!と上がり易くなります。

このようなプロセスで数字が創られるビジネスを
===========================

創造的なビジネス

===========================
と言います。

実際に創造的なビジネスを構築し
世界的に有名になったのが〝ザッポス〟社です。

ザッポスはあのアマゾンが屈服した企業と言われ
創業10年で年商1,000億円を超えたモンスター企業です。

(詳しくは書籍「ザッポスの奇跡」(石塚しのぶ著、廣済堂出版)
を読まれると良いでしょう。)

ここで一つの疑問が浮かんだかもしれません。
===========================

強みを発揮するにはどうしたら良いか?

===========================
その答えはシンプルです。

上質なコーチ、セラピストを雇うことです。

ここであなたは
「コーチ、セラピストを雇わなくても
強みを分析して自覚すれば十分じゃないの?」
と思ったかもしれませんのでハッキリとお伝えします。

断言します。
===========================

強みの分析と自覚ができたところで
ビジネスの現場では活かせない

===========================
のです。

実際、ウェルスダイナミクスなどの診断ツールが
もてはやされていますが、
強みを現場で発揮できないと悩む人は多くいます。

その理由は明白です。
===========================

脳の状態が良好でないと強みは発揮できない

===========================
からです。

ここにビジネスにおけるコーチ、セラピストの存在意義の一つがあります。

質が高いコーチ、セラピストは心理的なアプローチで
ときには身体的なアプローチでクライアントの脳の状態を改善します。

脳の状態が改善すると、
セロトニンが出やすくなり強みを発揮しやすくなります。

すると、
たとえビジネス環境の変化が激しくても
その変化に適応できる可能性が高まります。

なお、成功する経営者・起業家の条件に
「直観が冴えていること」
「勝負のタイミングを逃さないこと」
という2つがしばしば言われますが、

この2つの条件の奥には
「脳の状態が良いこと」
という前提が隠れています。

ですから、
このことに何となく気がついている
一部の経営者・起業家は
コーチ、セラピストを重要視するのです。

P.S.
なお、たった2日間(10時間)で誰でも簡単に
強みを発揮する脳のスイッチを創ることができる
情報空間コーチングを開講しています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

言葉を使わない科学的なポテンシャル発揮「情報空間コーチ養成講座」

-コーチ、セラピストの価値
-

Copyright© 潜在能力を最高レベルで引き出す非言語コーチング , 2020 All Rights Reserved.