セッションの価値を高める

高額契約が決まりやすい人とそうでない人の違い

投稿日:

高松です。

コーチ、セラピストとして
いかに早く成長できるかは
プロとしてやっていく上で重要です。

例えば、
1年かけてモニターセッションをして
ようやくラポールのコツがつかめてきた
というコーチよりも

3ヵ月間で集中して
ラポールのコツがつかめるコーチの方が
早期に売れるようになります。

私たちの時間には限りがありますので
より短期間に集中して自らを成長させる
ことができるということは

平均的なコーチよりもよりも
最終的に到達できるセッションの
レベルが高いということです。

そして、

高いレベルのセッションには
優良顧客が集まりやすく
高額契約し易いというメリットがあります。

つまり、成長スピードを上げて
==============================

一流を目指す人は高額契約が決まりやすく
そうでない人はいつまでも低単価で苦しむ

==============================
ことになります。

ここであなたは、
「そうは言っても成長スピードなんて
才能の有無で決まるんじゃないの?」
と思ったかもしれません。

が、

1993年に発表された
心理学者K・A・エリクソン氏らの研究で
==============================

結局は、練習回数の多さが実力を支えている

==============================
ということが判明しています。

つまり、

一流のピアニストやアスリートのように世界で
活躍する人達とそうでない人達との違いは
練習時間の違いでしかない
ということです。

ただ、この研究にはある前提が隠れています。

それは、
〝練習の1回1回を真剣に集中〟して
取り組んでいることです。

少し考えれば誰でも分かることですが、
TVを観ながら練習しても
上達するはずがありません。

つまり、
真剣に集中してセッション回数をこなせば
だらだら回数をこなすよりもずっと早く
一流の域に到達できるというわけです。

ここであなたは、
「何だそんなの分かってるよ。」
とガッカリしたかもしれませんが、
それはまだ早いです。

なぜなら、
==============================

〝真剣に集中して〟という部分に
脳の秘密があるからです。

==============================

よく周りを見渡してください。

周りで仕事をしてる人達は
最初から最後まで真剣な集中を持続
できているでしょうか?

おそらく、
〝それが出来ている人はほとんどいない〟
という現実に気がつくでしょう。

そもそもそれが出来るならば
その人たちも今頃、一流になっているはず。

そうです。

==============================

〝集中〟も才能

==============================
なのです。

そして、集中の才能は開花していないだけで
誰でも持っています。

ここで新たな疑問が浮かびます。

「その集中の才能を開花するには
どうしたら良いのか?」

結論から述べます。

==============================

集中の才能は
〝脳のスイッチ〟をつくることで開花

==============================
します。

脳のスイッチがある人は、
さっきまで遊んでいても
瞬間的に超集中状態へと脳をシフトできます。

オリンピック選手のように
超一流は瞬時に深い集中に切り替えるのが
非常に上手いです。

というか、

脳のスイッチがあるから
最高のパフォーマンスを発揮できて
その中で特に練習回数をこなした人が
一流になれるのです。

P.S.
たった2日間で
脳のスイッチをつくり一流の仲間入りをする
「情報空間コーチ養成講座」

-セッションの価値を高める
-, ,

Copyright© 潜在能力を最高レベルで引き出す非言語コーチング , 2020 All Rights Reserved.